映画『ジャスティス・リーグ』【あらすじ・評価&ネタバレ結末】チーム結集した意味は!?

※下方の「ネタバレ結末」&「総評」以外は基本的にネタバレを含みません。

スポンサーリンク

作品情報

基本情報

邦題:『ジャスティス・リーグ』

原題:『Justice League』

製作国:アメリカ

上映時間:121分

日本公開日:2017年11月23日

監督:ザック・スナイダー

キャスト登場人物

ベン・アフレックブルース・ウェイン(バットマン)

今回は皆をまとめる役に徹したバットマン。偉いよ。

ガル・ガドットダイアナ・プリンス(ワンダーウマーン)

相変わらず美しく、安定して強いお姫様。

エズラ・ミラーバリー・アレン(フラッシュ)

おちゃらけてていい味を出している。

ジェイソン・モモアアーサー・カリー(アクアマン)

海底人の頑固オヤジ。ていうかもっと水に潜ってよ…。

レイ・フィッシャービクター・ストーン(サイボーグ)

見た目によらず(?)めちゃくちゃ有能。何でもできる。

など

予告編




作品紹介

私からのコメント

こんばんは!なのんです~!

『ジャスティス・リーグ』を観てきました!

※よく混ざってしまう方がいますが、『アイアンマン』『アベンジャーズ』のシリーズは「マーベル・コミック」「DCコミックス」と合わせて二大アメコミ出版社です。もちろん世界観は一緒ではありません。

ご存知の通りDCコミックスのヒーロー大集合の今作。登場人物は主にポスターの5名なのですが、ここでそれぞれの人物を軽く振り返っておきます。

特にアクアマンやサイボーグに関しては、多くの人が「だれ???」状態だと思うので。

ブルース・ウェイン(バットマン)

幼い頃に両親を強盗に目の前で殺されたことにより復讐に燃え、そこから学問・格闘術など多岐に渡る知識を身につけた。

彼は唯一何も超能力を持っていないが、それ以外の全てを手にしたような男である。

上記でも述べたようにありとあらゆる知識や強靭な肉体を持つのに加えて、さらに大企業「ウェイン・エンタープライズ」の筆頭株主でもあり大金持ち。

『バットモービル』『バットポッド』など最新鋭の乗り物を所持できるのもその財力による。


ダイアナ・プリンス(ワンダーウーマン)

「セミスキラ」という女性しかいない島で育った彼女ですが、実は人間ではありません。粘土からこねて作り、神が命を吹き込んだものです。

なので身体能力も人間の比ではなく、飛行が可能な上怪力持ちです。

主な武器は剣と盾に加え、巻きついた者に真実を告白させる投げ縄や、銃弾を弾き衝撃波を出すことが出来るブレスレットなどがある。


バリー・アレン(フラッシュ)

鑑識官として働いていた彼は、ある日実験室で稲妻に打たれ薬品を大量に浴びたことから高速移動の能力を得る。

このフラッシュなのだが、実は4人代目までいます。最近の映画やドラマに出演しているのはこのバリー・アレン2代目。

世襲制のヒーローは結構一般的みたいですね。


アーサー・カリー(アクアマン)

水陸両棲の海底人であり、海底王国アトランティスを統べる王。並外れた身体能力で速いし力も強い。

また、皮膚は頑丈で攻撃を防ぎ、音波を利用した海中探索も可能。まさに水中最強。


ビクター・ストーン(サイボーグ)

科学者の両親を持つ彼は、幼い頃に実験対象とされてしまい、その結果天才的な頭脳を手に入れるが両親に反抗するようになる。

そんなある日、両親のラボでのミスによりビクターは大怪我を負ってしまい、父親は彼の命を助けるため体の大半を機械に改造したのでした。

体のほとんどが機械なので、怪力や飛行能力はもちろん、なんとハッキングまでできます。しかも直接触れることなくです。


こんな感じで、人間とそれ以外の混合チームである『ジャスティス・リーグ』ですが、DCコミックスのヒーローが世界観を共有する「DCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)」としては5作目になります。

『マン・オブ・スティール』に始まり『ワンダーウーマン』までの4作が該当するのですが、世界観を共有とは言っても僅かにモニターに映る、などが多かったです。

なのでしっかりとした全員大集合で言うのなら今作が最初になります。

事前に見ておく作品としては『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』。時間が無ければこれだけでも観ておいて!

そんな時間さえもないという方は、「最強のスーパーマンが死んじゃったからみんなチームを組んでそれを補おうとしてるんだ!」ぐらいを把握しておけば大丈夫です。



評価

40点

見応えのある映像だが、ストーリーが薄っぺらすぎる。

まあ、アクアマンとサイボーグはこれから主役の映画が公開されることもあり、彼らの背景を十分に理解できないのは仕方ない。

しかしそれは許すにしても、いくらなんでもですね。

活躍の幅が偏りすぎじゃないか???

あと一人だけ、全く特性を活かしきれてない奴がいるな???

名指しでいいたいところだよほんと。もうとにかくバランスが悪い。

その上チームを組んだ意味もあまり見いだせないのですよ。チームを組むってことはお互いの弱いところを補填し合って、より一層強くなるためのもののはず。

それが全く感じられない。個々に自由に動き回り、たまに指令が出たら従うって感じだ。

団結力が無さすぎるけど、次作でどうなるのか心配。

しかし、意外性はあったのでそこは楽しめたかな?

あらすじ(ネタバレなし)

スーパーマンが亡くなった。彼の圧倒的なパワーの元で保たれていたバランスが崩れ、地球にピンチが訪れる。

それに対処するため、バットマンはチームを招集することに。

1人1人我が強く一筋縄ではいかなかったが、彼の元に仲間は集まり始める。

しかし一方で強大すぎる敵が立ちはだかるのだった…。



ネタバレ結末

※見鑑賞の方はご注意ください

よし、チームを組むぞ!

スーパーマンが亡くなった。そのニュースは世界中で報道された。

そんなある日、バットマンは羽の生えた謎の宇宙人を捕獲。それは自爆して消えたが、いつも同じ印を残して消えていった。

時を同じくて、ワンダーウーマンは爆弾を持ち込むテロリストを見事阻止してみせた。

スーパーマン亡き今、危機感を感じたブルースはチームの招集を始める。

そしてその頃、最強の敵ステッペンウルフは復活し、ダイアナの故郷を襲いキューブを奪っていった。

そのキューブが3つ集まると破滅的な力が得られるとのこと。

一方のブルース。ダイアナは簡単に仲間に加わえられたが、他の候補3人は頑固なアクアマンと早すぎて行動を把握出来ないフラッシュと引きこもりのサイボーグだった。

ブルースは初めにアクアマンの元を訪れたが、強い人は一人でいる時が一番強いからやだ。と断られて、海の中に逃げられてしまう。

次にフラッシュを訪ねると、彼は友達が欲しいからと言いいとも簡単に仲間に加わった。

そしてサイボーグ。ダイアナは接触には成功するものの、彼は自分にコンプレックスを抱いており仲間には加わってくれませんでした。

しかしその頃、ステッペンウルフは海底王国アトランティスを襲い2つ目のキューブを奪ってしまう。流石のアクアマンも危機感を感じたようだ。

また、サイボーグも宇宙人の手下にお父さんを攫われてしまう。

そんなメンバーが揃わない中で、バットマン・ワンダーウーマン・フラッシュで最後の人間界にあるキューブを守りに行こうとするのだが、ここにサイボーグが加わり4人になる。

彼らはそこで初めてステッペンウルフと対面し、そのパワーに圧倒されてしまう。

アクアマンが駆けつけたおかげ大事には至らず、残り一つのキューブも守りきれたが、彼らはこのままでは勝てないと悟る。

そこで、なんとキューブの力を使いスーパーマンを復活させようという案が出る。

反対意見も出たが、もうこれしかないとブルースが言い張り実行に至る。

そしてスーパーマンは無事復活するのだった。が。

訳も分からず復活させられたスーパーマンは戸惑い、彼らに敵意を向けてしまう。

そのまま戦闘に突入してしまうのだが、束になってもスーパーなマンには勝てるはずもなくボコボコにされてしまう。

しかしスーパーマンの恋人が駆けつけてくれたおかげで彼は本来の理性を取り戻す。だがどこかへ飛んでいってしまう。

そしてこの隙にキューブをステッペンウルフに奪われてしまうのだった。

ついに決着。

全てのキューブを手に入れたステッペンウルフを止めるため、一行はバッドジェットに乗りロシアの田舎町へ向かう。

バットマンがバットジェットで意外と簡単に敵のシールドを破り、皆は侵入していよいよ最終決戦。

サイボーグが自力で一体化したキューブを剥がして無力化できるというので、彼はそこへ向かい他は雑魚を倒します。

しかしやはりステッペンウルフには敵わず。サイボーグの足をちぎられピンチかと思われたその時。

スーパーマン現る。しかも圧倒的に強い。もうステッペンウルフボコボコ。

フラッシュとの競走など茶番を繰り広げた後、ついに他のメンバーと力を合わせてステッペンウルフを倒すのだった。

しかもその倒され方は、恐怖を感じたために手下に噛み殺すされるという…。

ともあれ、こうして世界は平和を取り戻したのでした。

〜〜エンドロール後〜〜

ルーサーは刑務所を抜け出し、他のバットマンに因縁を持つ人物と、彼らに対抗するチームを作ることになる。

~THE END~



総評

あの…アクアマン、全く特性活かせてないと感じたのは私だけでしょうか。

もうこの際スーパーマンが圧倒的に強すぎて全てがどうでもよくなる現象は置いといて、アクアマンは水を使うなり水中に引きずり込むなりしないのかよ!!

お前モリみたいな武器をひたすら敵に投げつけてただけじゃねぇか!どういうことだよ!

あとサイボーグのことは詳しく知らないけど、すごい有能だな。惑星を破壊する力を持つキューブ自力で解体できるなんて。

しかも何十億分の一でもズレたらまずいとか言ってたけど、散々妨害を受けながらよくやり通した。凄い。

フラッシュが思いつく限りの語彙力をロシア人にぶつけた結果が「ドストエフスキー」だったのは凄い笑ったけど、もうどうせならそれで思いっきりコメディに振り切ってもよかったんじゃないかなぁ…。

どこをとっても今ひとつ。次作に期待の作品でした。

それでは、今日はこのぐらいで〜

コメント

  1. asami より:

    アクアマン!!!笑
    私も同感です!!いる意味がなかったですよねー( ̄◇ ̄;)もっと水中のシーンが出てくるのかと思っていたけど、まさかの陸戦!!笑

    あと、これってスーパーマン一人で勝てたんじゃね?って思ってしまいました。。笑

    • videonanon より:

      ですよね!!
      ちょっと水中に潜った以外、お前アクア要素皆無じゃん!!って突っ込んでましたよ~

      スーパーマンが圧倒的に強すぎるから前作で殺したと思ったのに、復活させるっていうね…。
      次作どうなるんだろう。