映画『ハッピー・デス・デイ』【あらすじ・評価&ネタバレ結末】極上の娯楽ホラー映画!

※下方の「ネタバレ結末」&「総評」以外は基本的にネタバレを含みません。

作品情報

基本情報

邦題:『ハッピー・デス・デイ』

原題:『Happy Death Day』

製作国:アメリカ

上映時間:96分

本国公開日:2017年10月13日

日本公開日:未定

監督:クリストファー・B・ランドン

キャスト登場人物

ジェシカ・ローズテレサ・ゲルブマン(ツリー)

本作の主人公。最初は謎のタイムリープに悩み混乱を極めていたが、次第に強い女性になっていく。

イズラエル・ブルサードカーター・デイヴィス

酔い潰れたツリーを自分のベッドで寝かせてあげたると、とても心優しい青年。後にツリーの相談に乗ったりもする。

ルビー・モディーンロリ・スペングラー

ツリーのルームメイト。わざわざカップケーキを作ってくれたり、体調のことを気にかけてくれたりと、こちらも仲良い友達。

予告編




作品紹介

私からのコメント

こんばんは!なのんです~!

10月ももう終わりですね~早いものです。

今月公開のホラー映画はもうほとんど見終えたかな?と思っていたのですが、1つ見逃しいました実は。

 

『ハッピー・デス・デイ』です。タイムリープ+ホラーという作品。

 

アメリカでは13日の金曜日という絶好のホラー日和に公開されました。

更にハロウィンというのも合わさり、予想以上の売れ行きで週末興行収入ランキング初登場で1位を獲得しました。

似た題材でぱっと思いつくのは2009年公開の『トライアングル』ですね。

トライアングル(字幕版)

トライアングル(字幕版)

  • 価格 ¥324
  • 商品ランキング 8189位

個人的にはなかなかおすすめですが、今作よりダークなホラーである上、単純な「殺されて目覚めたらまたここじゃん!!」ではありません。

誰か知らない人物に追いかけられるという点では一緒ですけども。

 

そして今作についてですが、実は日本未公開です。そもそも公開されるかも分かりません!

「こんな作品やってたっけ?」というのも当たり前なんですだから。

日本はいつも公開が本国より遅れすぎなんだよ~~~。

 

さて、今作にはお面の人物が出てきます。

こんなやつ。

 

『20世紀少年』に出てくるハットリくんのお面と豚を足して、2で割ったような顔ですね。

こいつが殺人鬼で、ひたすら襲いかかってくきます。そして死んだらまた目覚めてその日をやり直すという、タイムリープものの王道が今作です。

 

タイトルはもちろん「Happy Birthday」をもじったものです。

ちなみに中国語のタイトルは「忌日快樂」

見ての通り「忌日」は日本語の「命日」と同じ意味。「快樂」が「ハッピー」にあたります。

うまく訳したものですね。中国語の映画のタイトルって、原題がどれだけ長くても大抵4文字に収めるのですが、これがまたセンスに溢れていたりいなかったりで面白いのですよ~。

これについては話すと長いので、また今度どこかの機会で記事にでもします。

 

監督はクリストファー・B・ランドン

『パラノーマル・アクティビティ』シリーズの1以降の脚本を全て担当されたことで有名です。

 

そして主演はジェシカ・ローズ。

『ラ・ラ・ランド』に出演されていたそうですが、如何せん私は観ていないので分からない…。

今作に限って言うと、とにかく派手に驚いて、大声で叫んでくれます。耳が痛くなるぐらい。あと目の下のクマがすごい。


評価

65点

まさにハロウィンの時期に、大衆向けに作ったエンターテインメント作品ですね。

ホラーだが怖すぎず、そしてコメディも混ぜつつ、とても分かりやすいストーリー。無難に誰とでも見に行けます。

 

しかしいくつかの点において消化不良なんですよねこれが。

なんと言ってもまず主人公がマヌケすぎて…。タイムリープして何回もやり直しているのに、「そこもっとうまくできるでしょ!」と一人突っ込みしまくり。

タイムリープもっと有効的に使えよ~~~~~~。むずむずする。

それに細かいところが雑。なぜタイムリープしてしまうのか、犯人の動機は、細かいところの描写がとにかく雑。「え?それだけかよ」みたいな。

意味ありげな小道具を使ったかと思うと、別に何の意味もなかったり。

そんな細かいことは気にせずエンターテインメント作品を楽しもうよ!ハロウィンだし!ってことでしょうけど。

ギリギリB級ではないかな、という印象。

 

やはりタイムリープもので私が1番おすすめするのは『オール・ユー・ニード・イズ・キル』です。

オール・ユー・ニード・イズ・キル(字幕版)

オール・ユー・ニード・イズ・キル(字幕版)

  • 価格 ¥199
  • 商品ランキング 10133位

パワードスーツ、エイリアン、タイムリープと3点揃って面白くない訳ないよね!!!

???「お前が好きなものが詰まってだけじゃねぇーか!」

あらすじ(ネタバレなし)

8月18日月曜日、ツリーはカーターという男の子の部屋で目覚める。

この日はツリーの誕生日なのだが、前日に飲み潰れてしまい、それをカーターが自分の部屋に運び込んだのだった。

ツリーは二日酔いで調子が悪いせいか、無愛想に振る舞い出ていく。

自分の部屋に戻り、ルームメイトに手作りのカップケーキを頂くも食べずに捨て、お父さんにバースデーランチに誘われるも電話さえ取らず。

そして夜となり、皆が準備してくれている誕生日パーティー会場に向かうツリーだが、途中でマスクを被った人物に襲われ殺される。

しかしふと目を覚ますと、そこは8月18日月曜日、また同じカーターの部屋だった。

全てが繰り返されていることに彼女は気付くが…。


ネタバレ結末

※見鑑賞の方はご注意ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひたすら死に戻り。

1度目は自分の誕生日パーティーに向かう途中のトンネルでマスク男に襲われ殺される。

2度目は回り道をして無事パーティー会場に辿り着くも、一緒にいた男を含め殺される。

3度目は家に籠り、今度こそ万全かと思われたが、浴室に隠れていたマスク男に殺される。

 

とにかくタイムリープものですから、抜け道を探し出すまで死にまくります。

にしても、ツリーが少し抵抗するだけで犯人は吹き飛ばされたりしているし、もうちょっと頑張れば全然勝てる気がするんだけど…。

しかも3度目目覚めたときには突然吹っ切れて裸で外出しだすし、「お前どうした!?」

試行錯誤するが、なかなかうまくいかず。

カーターに相談した結果、疑わしい人物を一人ずつ追って犯人を絞っていく作戦に出るツリー。

しかしまあ当たらないんですねこれが。結局毎回後ろから襲われ死亡。

 

そして次はなんと!うまく車で逃げることに成功するのですが。

速度違反で警察に捕まってしまう。しかし「逆に捕まってしまえば安全だ!」と彼女は閃き、せっせと手錠をしてもらいパトカーに乗せてもらう。

ウキウキ喜んでいると、後ろから来た車に警官が轢かれ死亡。もちろん運転手はマスク男。

直接ツリーを刺し殺す方が楽だし大騒ぎにならず済むのに、わざわざ車ごと爆破します。

何を考えているんだ???

解決の糸口をつかんだ!

その頃、連続殺人犯のジョゼフ・トゥームズがツリーの大学病院に運び込まれていたと知る。

「そいつが脱走して私を殺しに来てるんだ!」と確信したツリーは、髪をくくってホラー映画恒例の女戦士と化す。

1度目は失敗したが、2度目で何とか仕留める。

 

はぁ~~~全て終わった!!という顔つきで帰っていき、セフレのおじさんと別れ、タイムリープの過程で好きになったカーターとイチャラブ。

しかし翌日目覚めると。

「また繰り返してるじゃん!!??」

一体犯人は誰?

それはルームメイトのロリでした。

原因はありがちな男性関係。カップケーキの中に毒が入っており、それで殺すつもりだったがツリーが全然食べてくれないので、仕方なくマスクを被って襲い掛かってきていました。

最後はツリーが彼女を見事に窓から蹴り落とし、解決!

無事翌日を迎えることができたとさ。

~THE END~


総評

明らかに主人公のツリーが犯人に仕立て上げられるようなシーンたくさんあったけど、よく無事でいるな???

そもそも普通に朝目覚めて車で街を出たら逃げ切れたんじゃないか?でもその場合翌日に殺されたら、もうタイムリープしないのかな??

とか色々考えちゃいますが、気にするな!気にしたら負け!

頭を空っぽにして見れば何事もなく楽しめる!そんな作品だ!

 

それでは、今日はこのぐらいで~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)