映画『アトミック・ブロンド』【あらすじ・評価&ネタバレ・解説】一体あなたはどこのスパイ?

※下方の「ネタバレ結末」&「総評」以外は基本的にネタバレを含みません。

スポンサーリンク

作品情報

基本情報

邦題:『アトミック・ブロンド』

原題:『Atomic Blonde』

製作国:アメリカ

上映時間:115分

日本公開日:2017年10月20日

監督:デヴィッド・リーチ

キャスト登場人物

Processed with MOLDIV

シャーリーズ・セロンロレーン・ブレートン

MI6の女スパイ。冷酷・ムキムキ・美しい。

ジェームズ・マカヴォイデヴィッド・パーシヴァル

MI6ベルリン支部の男スパイ。ちょっとお調子者。

サム・ハーグレイブジェームズ・ガスコイン

MI6でベルリンに潜入している男スパイ。

エディ・マーサンスパイグラス

名前の意味は「望遠鏡」。メガネの気弱そうなおじさん。

ソフィア・ブテラデルフィン(仏語読みデルフィーヌ)

ベルリンに潜入しているフランスの女スパイ。

など

予告編




作品紹介

私からのコメント

本編で「キラー・クイーン」流さんのかいっ!

ということで、こんばんは!なのんです!

本当に「キラー・クイーン」流れるのずっと楽しみにしていただけに残念なんですけど(・_・)

予告編で大々的に流していたクセにーーー。

「Queen」のことを知らない方は、これを機に聞いてみて!すごくいい曲ばっかりだから!

ちなみに私のお気に入りは「Don’t Stop Me Now」です!

はい、BGMの話はここまでにして。

本日の作品は日本で間もなく公開される「アトミック・ブロンド」です。

一言でいうと、かっこいいダンスミュージックに併せて華麗に戦う女スパイのお話。

主演はシャーリーズ・セロン。

なんか最近見たな?と思ったら『ワイルド・スピード ICE BREAK』のサイファー役ですね。

やはり美人で冷酷な女性のイメージが強い。

そしてもう一人はジェームズ・マカヴォイ。

安定して売れまくってますよねぇ。

私としてはもう完全に『X-MEN』シリーズのプロフェッサーXのイメージが強いですが、今年の『スプリット』にも出演されていました。

スプリット ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

スプリット ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

  • NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • 価格 ¥3,122 (2017/10/23 20:20時点)
  • 商品ランキング 892位

幼児退行マカヴォイ可愛かったです。

で肝心の本作ですが、こちら歴史的な出来事の裏で物語が進行していきます。

また、様々な諜報機関がでてくるので、初見の方は少し分かりにくいかも?

ということで軽く説明しておきますね。

今作は1989年11月のベルリンにて始まります。

この時代がどんなものか説明するためには、少し遡らなければなりません。

1945年、ドイツは第二次世界大戦に敗北します。

連合国に管理された後、東西ドイツに分裂します。

資本主義国(アメリカ・イギリスなど)が後ろ盾の西ドイツと

社会主義国(ソ連など)が後ろ盾の東ドイツ。

この2つの陣営がいがみ合っている状態が冷戦。

そして首都のベルリンですが、これは東ドイツ国内に位置しているのですが、これも東西に分かれます。

言葉じゃ分かりにくいかもなので、マウスで3秒で描いた図で説明するとこんな感じ。

余計分かりにくいですね。ごめんなさい。

とにかく、ソ連が後ろ盾の社会主義国家、東ドイツの東ベルリンが背景なんですよ(投げやり)

そして、ベルリンを分断している壁が崩壊するのが11月9日。

そのあたりが本作の時間軸です。

ちなみにソ連が崩壊するのは1991年の12月です。

続いて多数登場する諜報機関ですが、

アメリカ:中央情報局(CIA)

イギリス:秘密情報部(MI6)

ソ連:ソ連国家保安委員会(KGB)

東ドイツ:国家保安省(Stasi)

作品内では、

CIA&MI6 VS KGB&Stasi

のような構図となっています。

フランス:対外治安総局(DGSE)

も一応出でてくる。

評価

65点

いたって普通のスパイ映画。

良く言えば無難。いつ誰と鑑賞してもそこそこには楽しめる。

悪く言えば特に印象には残らない。数週間経てばもう忘れてそう…。

予告編通り、スタイリッシュな音楽に合わせて美人なお姉さんが戦います。

それが全編に渡って行われるのかと思いきや、突然音楽が止み生々しい戦闘が繰り広げられたりもします。

カーアクションもあり、裏切り裏切られもあり、スパイ映画に詰め込むべき要素は全てそろっている。

ドイツ語やロシア語が色々な場面で使われ、人間関係はちょっとややこしいかもしれないです。

まあそれだけですかね。特筆すべき点はないです。

あるとすれば美人なお姉さん同士の百合プレイが見られるところ(^v^)


あらすじ(ネタバレなし)

時は1989年11月、ベルリンの壁が崩壊する寸前のベルリンです。

機密情報を持ち帰ろうとした男は、その道中で殺されてしまう。

これを受けて、MI6はロレーンをベルリンに派遣し、機密情報の奪還を図るのだが…。

裏切り者が混ざりこんでいるらしく、なかなかうまくいきません。

また世界各国諜報機関が入り乱れる中、彼女は無事任務を達成できるのでしょうか…!

ネタバレ結末

※見鑑賞の方はご注意ください

全てを終えて傷だらけのロレーンが、MI6の上司とCIAの協力者に振り返りながら語る形式で物語は進みます。裏ではMI6の上司Cも見ています。

時は1989年11月。ベルリンの壁が間もなく崩壊し、冷戦が終結しようとしている時です。

序盤で逃げ惑っていたのがMI6のスパイ、ガスコインです。

彼の腕時計の中には、スパイグラスから預かった「リスト」が入っていました。その「リスト」を現地のデヴィッドに渡したら任務完了です。

しかし彼はKGBのバクティンにより殺害され、腕時計を奪われてしまいます。

死ぬ間際に「サッチェルか…?サッチェルに裏切られたんだ…」と呟く。

この「リスト」には全てのスパイに関する情報が入っており、これが漏れ出したら冷戦があと40年は長引いてしまうという。

「リスト」は東ドイツの諜報機関「国家保安省(通称シュタージ)」が保有しており、MI6はシュタージに属すスパイグラスに、「リスト」を渡す代わりに家族ごと西ベルリンに亡命させると約束していました。

だけどそれがKGBのバクティンに奪われてしまったので、MI6はロレーンを派遣することに。現地ではMI6ベルリン支部のデヴィッドが出迎えてくれるそうです。

ロレーンに与えられた指令は2つ。

まずはバクティンから「リスト」を取り返すこと。そしてもう一つは、MI6を裏切る二重スパイのサッチェルという人物を排除することでした。その人物がMI6の情報を漏らしまくっているらしいです。

ただし他の国の諜報機関も「リスト」を狙っているから気を付けろよ~~ということ。

場面は変わり、現地のデヴィッドとスパイグラスです。

何やら怪しげなパーティーを楽しむ人々の集まりのようです。

スパイグラス「約束通りリストはガスコインに渡した!だから家族と一緒に亡命させてくれ!」

デヴィッド「いーやリストはこちらに届いてないぞ。だから取引は不成立だ。」

スパイグラス「そんな~~~~」

そうこう言っているうちに警察がやってきて、皆一目散に逃げていきます。

さあ、ロレーンは無事ベルリンに着きました。

彼女を監視している女性が一名。

ロレーンは迎えに来た人々と車に乗り込むが、彼らは実はKGBの者でした。

無事撃退し、デヴィッドと落ち合う。

一方、パーティー会場で捕まえた少年たち数名と、KGBのブレモーヴィッチ。

本来「リスト」を手に入れて帰ってくるはずのバクティンが戻ってこず、彼の写真を少年たちに見せて、

「こいつは裏切り者だ!見たことあるか?」

とイライラしながら聞いていきます。ついでに少年を一人嬲り殺しちゃった。

さて、ロレーンはガスコインの死体を引き取ろうとするも失敗。デヴィッドとのやりとりを経て、時計屋さんへ。

時計屋のおじさんは闇商売者で、何やら情報の入った時計をくれるようです。明日受け取りに来いと言われます。

次の日、ロレーンは亡くなったガスコインの部屋を見に行く。

が、KGBの屈強な男性たちに襲われてしまう。最強女戦士と化したロレーンは全員やっつける。

「あれ?にしてもここに来るってデヴィッドにしか言ってないのにおかしいな。」

デヴィッド宅を訪れ、その後最初車内でKGBにもらった名刺のバーに行くことに。

そこでKGBのプレモーヴィッチに話しかけられるが、フランスの諜報機関DGSEのデルフィンがやってきて追い払う。

彼女は本当の正体を明かさずに、ただ近くに知り合いがクラブをやってるんだけど来る?

と誘い、断るロレーンに住所だけを渡して去る。

ロレーンはその夜、時計を受け取り帰宅。

翌日、その時計に記された場所で新たな人物と会うために、出掛けているところをプレモーヴィッチの部下につけられる。どうやら彼はロレーンと話をしたいようです。

しかし彼女は武力で対抗し、その後逃げ出してしまいます。

無事プレモーヴィッチの部下をまいて、彼は新たな人物メルケルと屋上で出会う。

メルケルは、最近時計屋さん経由で「リスト」を買おうとしている人がたくさんいると言う。

しかしバクティンはなかなか現れないと。

その夜、デヴィッドはどうやら誰かの後をつけている様子。

なんとバクティンが時計屋さんに現れたのです!

バクティン「買い手どもに俺はリストを売る気があると言え」

と言い残し出ていきます。

一方ロレーンは、デルフィンに教えられたバーに行くことに。

彼女が銃を持ち歩いていることに気付き、問い詰める。

デルフィン「ガスコインが死んだこと、あなたがMI6のスパイであることは知っている。私はフランスDGSEのスパイだけど、まだここに来て1年ですごい怖い。」

素直に打ち明ける彼女。

ここで2人は意気投合し、濃厚な百合プレイが始まる(゜゜)

濃厚なプレイを楽しんだあと、デルフィンは言う。

「お友達のデヴィッドのことで話したいことが…」



一方デヴィッド。

バクティンをつけていたが、彼に見つかる。

そしてなんと、すかさずバクティンを殺し「リスト」を奪います。

ロレーンはプレイを楽しんだ後、CIAの協力者に会いに行きます。

彼から新聞のようなものを受け取り、そこにあった電話番号に電話する。

「サッチェルが見つかった」

そう告げられます。

その頃デヴィッドは強奪した「リスト」を隅々まで読み切り全てを知る。

MI6の上司(現在の時間軸でロレーンと話している方)に連絡し、サッチェルの正体が分かったと伝えます。

次にロレーンに電話し、バーで会う約束をする。

バーで落ち合い、デヴィッドは突然

「そういやスパイグラスと取引しないとなー」と言い出す。

なんとスパイグラスはリストに載っている全ての情報を覚えているというのです。

翌日にデモの人々に紛れて彼を西側に逃がすことになります。

デヴィッドが用意したルート、そしてロレーンのやり方で。

ロレーンと分かれてから、ブレモーヴィッチと会います。

ブレモーヴィッチ「バクティンが死に、お前がリストを持っているそうだな」

デヴィッド「お前に情報をやろう。取引をしないか?」

その頃ロレーンは、またフランスの彼女とベッドインしています。

ロレーンは彼女から、デヴィッドが自分をハメようとしていると聞かされる。

まあでも別に意外じゃ無いわーって感じ。

翌日、スパイグラスを西側へ逃がす日です。

ロレーンとメルケルがスパイグラスを、そしてデヴィッドがスパイグラスの家族を引き連れ、いざ出発。

建物の上にはデヴィッドが呼び寄せたKGBの人々が狙撃の準備をしていたが、デモ行進の人々が一斉に傘を差したことで見えなくなる。

しかし、地上にいたデヴィッドがスパイグラスの腹を狙撃します。

ロレーンは負傷したスパイグラスを引っ張りKGBの奴らがいる建物に逃げ込む。

1人で複数の屈強な男たちに立ち向かい、なんとかスパイグラスを連れて車で逃走するも、車ごと川に突き落とされてしまい、スパイグラスは死亡します。

ロレーンはメルケルに助けられ何とか生き残る。

メルケルの車でロレーンは安全なところまで逃げだし、自分のコートの中に盗聴器を見つける。

デヴィッドがやったと確信します。

そこに心配したデルフィンがやってきますが、ロレーンは今のうちに逃げろと告げる。

デルフィンは電話を掛けます。

デヴィッド「お前は自分が誰を相手にしているのか分かっていない」

デルフィン「お前が私をハメた。お前の秘密を知っているぞ」

と告げる。

デヴィッドは秘密を握っているらしいデルフィンを襲いにかかります。

怪我を負わされるが、デルフィンを殺害。ロレーンが駆け付けるも一歩遅かった。

証拠を焼き払い、町を出ようとするデヴィッドだが、ロレーンに見つかり狙撃されます。

彼から「リスト」を奪い、「あなたがサッチェルだったのね」

と告げ、撃ち殺します。

時間軸は現在に戻り、ロレーンはKGBと取引するデヴィッドの写真や、彼が二重スパイだったと証明するテープを流して聞かせます。

ロレーン「デヴィッドがサッチェルだった。」

上司「リストは?リストはどこ?」

ロレーン「分からないわ。」

序盤から続いた振り返りタイムはここにて終了。

~~3日後、パリ~~

黒髪で変装したロレーンです。

彼女が訊ねた人物はなんとブレモーヴィッチ。

「こんばんは、サッチェル」と挨拶されるロレーン。

彼女こそがMI6に仕えると見せかけて、KGBに仕える二重スパイのサッチェルだった。

彼に「リスト」を渡し、「本当に殺されるかと思ったわ」とロレーン。

ブレモーヴィッチは部屋を後にしながら言います。

「お前の正体はとっくにデヴィッドから聞いたよ」

部屋に銃を持ったKGBの人々が数名入ってくる。

しかし最強主人公のロレーンもすでに銃を準備しており、ブレモーヴィッチも含め全員撃ち殺します。

「お前に本当のリストを渡すわけないでしょ。私がお前のために働いていたんじゃなくて、お前が私のために働いていたんだよ」と言い、去っていく。

そんなロレーンの向かった先、それは序盤からずっと話を聞いていたCIAの長官の元だった。

「さあ、家に帰ろう」

ローレン「ああ、帰りましょ」

彼女はMI6でもKGBでもなく、CIAに仕える三重スパイでした。

~THE END~


総評

途中で「リスト」を手に入れたデヴィッドが、ロレーンがサッチェルだと気付いたが結局止められず。

一方ロレーンは録音テープをつぎはぎしたり様々な話を捏造し、デヴィッドを犯人に仕立て上げた。

本当の悪者は全てを仕組んだロレーンでした。

というお話です。

スパイ映画嫌いではないんだけどね~一度見ただけで完璧には理解できないことが多すぎる。ややこしい。

「この場面ってどういう意味???」というのがあれば、コメントでもtwitterでも気軽に聞いてください。

分かる範囲で答えますよ(‘ω’)ノ

それでは、今日のこの辺で~~

スポンサーリンク