映画『アナベル 死霊人形の誕生』【あらすじ・評価&ネタバレ結末】死霊館シリーズ安定の恐怖っぷり

※下方の「ネタバレ結末」&「総評」以外は基本的にネタバレを含みません。

スポンサーリンク

作品情報

基本情報


邦題:アナベル 死霊人形の誕生

原題:Annabelle: Creation

製作国:アメリカ

上映時間:110分

日本公開日:2017年10月13日

監督:デヴィッド・F・サンドバーグ


キャスト
登場人物

タリタ・ベイトマンジャニス

主人公。足が不自由なため車椅子に乗る女の子。

ルル・ウィルソンリンダ

ジャニスの親友。良い子です。かわいいです。

ステファニー・シグマンシャーロット

みんなのお世話をしてくれる、優しい修道女のお姉さん。

アンソニー・ラパーリアサミュエル・ムリンス

元人形職人で、孤児のみんなを受け入れてくれたおじさん。

ミランダ・オットーエッシャー・ムリンス

サミュエルの奥さん。訳があって寝たきりとなっている。

予告編




作品紹介

私からのコメント

こんばんは〜なのんです。

今回は一足早くあの恐怖の人形ホラーの続編、『アナベル 死霊人形の誕生』を見てきました。

本作は2015年2月28日に公開された『アナベル 死霊館の人形』の前日譚であり、タイトル通りいかにしてあの恐ろしい人形が出来上がったか、が描かれています。

女の子がたくさんでてきて、主に屋敷の中で話が展開していくところなど、基本的には過去作を踏襲しています。

このアナベル人形の話は死霊館シリーズに属していて、今のところ合わせて4作が出ており、3作の新作が予定されています。

これから見たいけど順番が分からない!

という方のためにも、軽くまとめておきますね。

公開順に並べるとこんな感じになります。

『死霊館』(2013年):シリーズ1作目。超常現象研究家のウォーレン夫妻がペロン一家の屋敷に住み着いた悪魔に挑む。

『アナベル 死霊館の人形』(2014年):シリーズ2作目。『アナベル』スピンオフ1作目。1作目の死霊館で少しだけ写った、呪いの人形アナベルに関するお話。

『死霊館 エンフィールド事件』(2016年):シリーズ3作目。『死霊館』2作目。ウォーレン夫妻が史上最長期間続いたポルターガイスト現象に挑む。

『アナベル 死霊人形の誕生』(2017年):シリーズ4作目。『アナベル』スピンオフ2作目(本作)。1作目の『アナベル 死霊館の人形』の前日譚を描く。主にアナベル人形誕生の経緯について。

ここまでが現段階で公開されている作品です。時系列順だと4→2→1→3になりますが、物語に明確な繋がりがあるのはアナベルの2作だけなので、見る順番はどれでも大丈夫です

じゃあ最初からそう言ってよ!

今後の公開が予定されているものとしては以下の作品があります。

『死霊館3』(仮):製作は決定していますが、その他の情報はまだ不明です。また、本作は今までのように幽霊屋敷を題材としないそうです。

『The Nun』(2018年):『死霊館 エンフィールド事件』や『アナベル 死霊人形の誕生』にも少し登場した悪魔の尼僧、ヴァラクを取り上げたスピンオフ作品となっております。

『The Crooked Man』:公開年未定。『死霊館 エンフィールド事件』に出てきたへそ曲がり男を取り上げたスピンオフ作品となる予定です。『アナベル 死霊人形の誕生』に登場したカカシ男と同一人物ではないかともいわれています。

そしてもう一つ個人的にとても気になっているのが、『チャイルド・プレイ』シリーズと『アナベル』シリーズの共演が示唆されていることです!!

『チャイルド・プレイ』がどういう作品か簡単に説明すると、殺人鬼の魂を宿した「チャッキー」という人形↓

がひたすら人間を追い回してくるホラー映画です。このチャッキーがまた不死身で何度でも蘇っては追い回してきてすごく面白いんですよね。

Hi I’m Chucky,Wanna Play?

というセリフで有名です。

1988年に1作目が出て以来次々と続編が公開され、現在6作品になります。

そしてなんとこちら、今年(2017年)に7作目が公開されます!!

劇場で公開はされないようですが、日本では『チャイルド・プレイ~チャッキーの狂気病棟~』というタイトルで、ブルーレイ&DVDが11月8日にリリースされます。

『アナベル』シリーズとのコラボの話が上がっていることだし、今後もますます盛り上がっていくと思われます。楽しみですね!

軽く調べてみたところ、大手の動画配信サービスの中だと「U-NEXT」「Hulu」が無料で『チャイルド・プレイ』の1作目を配信しているみたいです。登録されている方は是非ご覧になってはいかがでしょうか。

無料トライアルに登録して見る場合は、『死霊館』シリーズも観れる「U-NEXT」の方がおすすめです。



ついついお話が長くなってしまいました。本題に戻ります(‘Д’)

死霊館シリーズは全て実話に基づいており、アナベル人形も実在するのですが、それがこちら↓

意外と可愛らしいですよね。これなら抱いて寝てもいいかな…?

作品に出てくる、「私がホラー映画の人形だ」と言わんばかりのアナベル人形とはずいぶん外見が異なりますね。

まあ可愛い姿のこの子が恐ろしい事件を引き起こすと考えるとやっぱり怖いけど。

評価

85点

相変わらず、怖いです。「わっっ!!」と驚きます。

というか、こんな恐ろしい顔して家の中にいる時点で

怖いに決まってるでしょ!

過去作を見た方なら分かると思いますが、基本的同じような流れです。

ちょっとしたことに始まり、しまいには…という感じの。

また、次に何が起こるか分かっているのに、その起こるまでの間気を張り詰めてしまうような場面が多々あり、終始ドキドキしながら楽しめます。

目新しいところは特にないが、いかにもホラーらしいホラー映画で安定して面白いです。

怖がりな友達を連れて行ったり、カップルで見に行くときっと楽しめますよ。

他に特筆すべき点は特にないのですが、あえてあげるとしたらスピンオフで登場予定の悪魔の修道女ヴァラクが少し出てくるので、そちらに注目してみてはいかがでしょうか。

あとはリンダちゃんがかわいい。


あらすじ(ネタバレなし)

人形職人のサミュエル、妻のエッシャーと小さい女の子アナベルのムリンス一家は、3人で田舎に暮らす幸せな家族でした。

ある日、3人で出掛けた帰りに車のタイヤが壊れてしまい、道端で立ち往生してしまいます。

サミュエルがそれを直そうといじってると、一本のネジが外れて道に飛び出す。

すかさずそれを拾いに向かうアナベルだが、その瞬間後ろからきた車に轢かれて亡くなってしまいます。

不慮の事故から12年後、ムリンス夫妻は孤児院から子供を受け入れることにします。

ジャニスやリンダを含めた女の子6人、それに加えて修道女のお姉さん1人が迎え入れられ、広い屋敷に皆おおはしゃぎ。

しかしジャニスをはじめ、皆が屋敷をあちこち探索し始めたのを皮切りにおかしなことが起こり始める。

そして呪いの人形がついには封印から解き放たれ、地獄が始まるのだった…

ネタバレ結末

※見鑑賞の方はご注意ください

呪いのアナベル人形、それはムリンス夫妻が少しでも娘の姿が見たいと願って、悪魔と取引をして人形に悪魔自身を憑依させ完成されたものでした。

悪魔は夫妻に自分が人形に宿る代わりに、愛しい娘アナベルの姿をたまに屋敷内で見せることを持ち掛け、夫妻は同意しました。

するとすぐに、亡くなったはずのアナベルがカーテン際で立っていたり、屋敷内の廊下を走り回ったりするようになりました。

それを見て微笑ましい表情で寄り添う夫妻ですが、はたから見たらただただ怖い(・_・)

その後夫妻もすぐにそれが娘とは違う異質なものだと気づくが、強大な力に対抗できるはずもなく、妻エッシャーは顔に悪魔の爪痕を残されてしまいます。

サミュエルは急いで教会に助けを求め、なんとか人形をクローゼットの中に閉じ込められたが、それがジャニスによって再び開けられたというわけです。

アナベル人形はサミュエルが立ち入りを禁止していた部屋にあり、ジャニスは勝手に入ってしまったため、そのことを修道女に正直に打ち明け、許してもらいます。(悪魔が許したとは言ってない)

一方その他の5人はかくれんぼをしており、リンダは階段下のスペースに隠れますが、なんとそこにはアナベル人形が。

そしてお約束の、突然動きだす

びっくりしていきなり飛び出すリンダ、そこで丁度よく見つけられて、かくれんぼ終了。

その日の夜、女の子2人がシーツをかぶって中を懐中電灯で照らし、怪談話を始めます。

サミュエルの妻、エッシャーが実はお化けで、目が合うと連れていかれるなどと話し2人でふざけながら真似をして遊んでます。

そう、妻エッシャーは顔の傷とショックで、ずっと1階の隅の部屋でサミュエルに介護されていたため、皆はエッシャーが実はお化けではないかと噂し始めたのです。

しかし急にライトが消え、外に人影が見え始めます。だんだん近づく人影におびえる2人。しかしこれまた突然に消える。

安心して一息つくと、シーツの内側から顔と手が

慌ててシーツを投げ捨て電気をつけるも、もちろん誰も変な人はいませんでした…。


皆徐々に異変に気付きだすが、そんな中でもジャニスは大胆な行動を続ける。壁にかけてあった、夫妻の娘とアナベル人形の写真を勝手に持ちだしたり。

そしてついに、再びアナベルの部屋へ

今度はリンダも気づき部屋に入ってくるが、少し物色してすぐ出ていきます。

一人残されたジャニスは亡くなったはずのアナベルを見る。そしてその変わり果てた姿も。

急いで部屋から逃げ出し、階段沿いの自動昇降機で降りようと試みる。しかし途中まで降りたところで、いきなりまた上に登り始めます。手足をバタバタさせて暴れるジャニス。上でにっこりしながら待ち構えるアナベル。

(え、シートベルト外して途中で降りたらだめなの?って思ったの私だけじゃないはず。)

そして上につくと同時にさらわれ、2階から1階の床に落とされます

幸い病院で手当てを受け軽い傷で済んだジャニス。

と、ここリンダが親友を助けようと決意します。個人的にこの廊下に向かっておもちゃの球をポンポンしてるところが一番笑えました。

翌日、修道女に慰められながら外に連れ出され、車いすに座ってひなたぼっこをするジャニス。しかし突然何者かに物凄いスピードで車いすを押され、隣の倉庫に突っ込みます。

誰か気づかないのかよっ!て言いたいところだけど、誰も気づかない。

倉庫の中でアナベルに捕まり、どす黒い液体みたいなものを口移しされてしまいます。その際の叫び声を聞きつけやっと皆駆けつけるが、ジャニスは大丈夫だと平気な顔。

昼、サミュエルが台所へ行くとそこにはアナベル人形の姿が。後ろから化け物と化したジャニスに襲われ、けちょんけちょんにされ亡くなってしまいます。しかしまたしても誰も気づかず。

そして夜、リンダはジャニスを助けるため、一人で寝ているジャニスのそばのアナベル人形を持ち出し、遠く離れた井戸に捨てに行きます。捨て終えて帰ろうというときに、中から手が伸びて引きずり込まれそうに。しかし間一髪のところで修道女が駆け付けて助けます。

2人は走って屋敷に帰り、リンダはジャニスに人形を捨てたことを報告しようと布団をめくる。

が、そこにはアナベル人形だけがいました。驚きながらも屋敷の皆でジャニスを探すことに。

女の子たちはエッシャーの寝ている部屋にかけこむと、そこには体がちぎれ、上半身を壁に打ち付けられた妻エッシャーの姿が

もうこうなったら屋敷中大騒ぎです。

変わり果てたジャニスは修道女を壁にたたきつけ気絶させ、怖い顔で笑います。

一方女の子たちは車に乗ってにげようとします。しかしここではカカシ男が襲い掛かり、皆逃げ惑う。

リンダは巧みにジャニスから逃げるが、最終的には捕まってしまう。万事休すかと思われたとき、またしても有能修道女が目を覚ましてかけつけ、ジャニスの首に首輪(悪魔退治的な効果があるのかな?)をかけアナベル人形が封印されてたクローゼットに閉じ込めます

次々とガラスや電球が割れ、ものが落ちていく屋敷からリンダを含む5人の女の子と修道女は、命からがら逃げ出すことに成功。

翌日、警官や神父が駆けつけ屋敷を調べると、クローゼットは破られておりジャニスは消えていました…。しかしまあ、アナベル人形は教会に預けることとなり解決。

そして車に乗り、皆は次の場所へと移動するのでした…

場面は変わり、ある夫妻が孤児院らしきところに子供を引き取りに来ます。ピンクのパジャマを着たかわいい金髪の女の子。

名前を聞かれると「アナベル」と笑顔で答える。そう、ジャニスです

それから12年後、アナベルを引き取った夫妻は夜、物音で目が覚めます。夫が様子を見に行こうとした途端、成長したアナベルが寝室に入ってきて夫を殺害。

もう一人男の人を連れたアナベルは続いて妻の方も殺害します。

その叫び声で隣の家の夫妻が目を覚まし、様子を見に行きます。

~THE END~

総評

どうでしょうか。

最後の場面は直接1作目の『アナベル 死霊館の人形』の始まりの場面に繋がっています。

これを見て続きが気になった方は、鑑賞することをおすすめします。今作が気に入ったことなら、きっと同じように楽しめるかと思います。

しかし残念ながら、大手の動画配信サービスで見放題に含まれているのは、2017年9月現在ではないようです。(見逃していたらごめんなさい…)

HD画質をレンタルする場合、ネットだとAmazonビデオの199円が一番安いかと思います。

アナベル 死霊館の人形(字幕版)

アナベル 死霊館の人形(字幕版)

  • 価格 ¥199 (2017/10/23 23:23時点)
  • 商品ランキング 7253位

店舗だとTSUTAYAやゲオなどで100円程度でレンタルできると思います。

その他、『死霊館』シリーズも面白く総じておすすめですので、今後の新作に備えて是非一度ご覧になってください。

それでは、今日はこのあたりで(/・ω・)/

スポンサーリンク