映画『バリー・シール/アメリカをはめた男』【あらすじ・評価&ネタバレ・解説】お金使いきれないうぉぉん

※下方の「ネタバレ結末」&「総評」以外は基本的にネタバレを含みません。

作品情報

基本情報

邦題:『バリー・シール/アメリカをはめた男』

原題:『American Made』

製作国:アメリカ

上映時間:117分

日本公開日:2017年10月21日

監督:ダグ・リーマン

キャスト登場人物

トム・クルーズバリー・シール

元々はただのパイロットだったが、色々あって凄いことに。

サラ・ライトルーシー・シール

バリーの奥さん。気が強く典型的なアメリカンな女性。

ドーナル・グリーソンモンティ・シェーファー

突然仕事を頼んできたCIAの方。

ケイレブ・ランドリー・ジョーンズJB

ルーシーの弟。あまりろくな奴じゃないですねぇ。

予告編




作品紹介

私からのコメント

やっぱりトム・クルーズはすごいよ…。

 

はい、こんばんは!なのんです!

今日見てきました、『バリー・シール/アメリカをはめた男』。

あの…邦題のくそださいサブタイトルは何とかならないのか…?

こういう『リンゴ/甘い魅惑の果実。』みたいなタイトルの付け方を義務付けられてるの?

まあいいっか。

 

本作を最初知った時、やっぱり目に入ったのは「あ、トム・クルーズ!」でしたね。

『トップガン』で一躍有名となり、今や超有名俳優の彼。

何がすごいかって、イケメンなのもすごいけど体を張ってすべて自分でこなすところ

2年前(2015年)の『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』で、飛行機外部のドアに張り付くシーンを実際にこなしたことで話題になりましたよね。

私も鑑賞後に知って驚いたものです。

 

そんなトム・クルーズですが、今作のフライトシーンもすべて自分でこなしています。

車の運転ならともかく、飛行機も余裕で乗り回しながら役もこなす。いやー、流石としか言えません。

見事なスタントの技術です。

 

そして監督のダグ・リーマン。

マット・デイモン主演の『ジェイソン・ボーン』シリーズを手掛けたことでも有名ですが、実はトム・クルーズと『オール・ユー・ニード・イズ・キル』で一度タッグを組んですんですね!

オール・ユー・ニード・イズ・キル(字幕版)

オール・ユー・ニード・イズ・キル(字幕版)

  • 価格 ¥199 (2017/10/23 23:23時点)
  • 商品ランキング 8254位

なので、きっと息もぴったりだったと思われます。

ちなみにこちらの作品、ありえないぐらいださい邦題はいいとして、エイリアンとタイムリープを題材としたSF映画です。

私みたいにその手のジャンルが好きな人は絶対にハマるので、是非見ていただきたい。

 

他には『21オーバー 最初の二日酔い』で有名なサラ・ライト。その他にもテレビや映画に多数出演されているようですが、私はあまり存じ上げていませんね…。

あと、『ハリー・ポッター』シリーズでビル・ウィーズリー役で出演されていたドーナル・グリーソン最近では『レヴェナント: 蘇えりし者』や『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』にも出ており、随分活躍の幅が広がりました。

そしてケイレブ・ランドリー・ジョーンズ。あ、あなた『ゲット・アウト』で先日見たばかり!

映画『ゲット・アウト』【あらすじ・評価&ネタバレ結末】久々にすごいホラーを見ちゃったよ…。

 

そしてですね、皆さんもうご存知かもしれませんが、これは実在した男バリー・シールを描いた物語です。

意外とイケメンだ!

と言うのが私の第一印象でした。

彼は1976年から86年の約10年間で、約50億ドルもの大金を稼いだそうです。

 

一言でいうと「武器や麻薬の密輸で大金を稼ぐ」ってだけなのですが、今作は「ニカラグア」やら「サンディニスタ」やら、聞き慣れない国や組織がたくさん絡んでくるので少しややこしいです。

どういうことなのか。

 

まず中米にニカラグアという国がありまして。

ここですここ。

ニカラグアは元々独裁国家だったのですが、人々が立ち上がってそれを倒し、1979年に「サンディニスタ政権」と言うのが誕生するのですね。

しかしこの新政権は社会主義で、ソ連などの共産圏と仲が良いのです。アメリカとしては、こんな近くに社会主義国家ができるのがすごく嫌なんです。邪魔なのです。

なのでアメリカはこの政権を倒そうと画策します。しかし過去にベトナム戦争を起こした結果、周りの国々に批判されまくった上負けた歴史があるので、直接軍隊を派遣したくはない。

なので、地元のニカラグア住民を反政府ゲリラに育て上げようと思い立ち、その支援として武器を運んだりする仕事を密かにCIA経由でバリー・シールに依頼したわけです。

 

背景がややこしい以外に、様々な組織やその略称もややこしいです。

FBIとCIA、これらはお馴染ですね。

他には

・TWA

バリー・シールが勤めていたトランスワールド航空の略です。実在していたアメリカの大手航空会社ですが、アメリカン航空に吸収され消えました。

・メデシン・カルテル

パブロ・エスコバルが創立したコロンビアにある麻薬組織。現在はほぼ壊滅に追い込まれたそうですが、一部現存(?)

・DEA

麻薬取締局の略です。麻薬を運ぶ彼らにとって、一番の天敵的存在ですね。

・ATF

アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局の略です。名前通りのものを取り締まっています。

などなど。

評価

70点

物凄い偏見で申し訳ないのですが、トム・クルーズが出演しているので

「ぁあ~なんか分からないけどすごいアクションが展開されるのかな」

と勝手に思っていましたが、全然違っていました。

 

今作、アクションシーンと呼ばれるものはほとんどありません。

 

一切ないと言い切っていいぐらいです。

軽口を叩きながらクールにことを済ますトム・クルーズは今作にはいません。

そこにあったのは周りに振り回され、髪も振り回しながら奔走する彼の姿でした。

あれこれと言ってしまうとネタバレになるので控えますが、珍しいトム・クルーズの一面が見られて私は満足です。

 

アクションがない。じゃあ何をしているかと言うと、

バリー・シールの波乱万丈の10年間をテンポよく、淡々と描き上げています。

脚色していないとまで言いませんが、ほんとただ端的に描き続けているだけです。

起伏もそこまでありません。

 

しかしその人生物語がまた濃いんですよ。様々な利害が絡み合って、CIAやFBI、しまいにはホワイトハウスまで。

なので十分見応えもあり、2時間は一瞬で過ぎてゆきました。

 

ただ、『ミッション:インポッシブル』的なものを想像しているのでしたら、全然違うのでやめた方がいいです。


あらすじ(ネタバレなし)

大手航空会社に勤めるバリー・シール。彼は凄腕のパイロットでした。

ある日、CIAのモンティ・シェーファーにスカウトされ、CIAのために仕事を行うことに。

しかしその際中で、コロンビアの麻薬王パブロ・エスコバルにも声をかけられ、麻薬を密輸することになってしまう。

 

おかげで大金持ちとなった彼だが、全てがうまくいくはずもなく…。

ネタバレ結末

※見鑑賞の方はご注意ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

物語は1970年代後半に始まります。

バリー・シールは、航空会社TWAのパイロットを勤めていました。わざと期待を揺らして乱気流のせいにするなどお茶目さん。

 

そんな彼ですが、ある日CIAのモンティ・シェーファーから突然声をかけられます。

話を聞くと、カメラをつけた小型飛行機に乗り、中米のある地域の写真を撮ってきてほしいっとのことでした。

バリーは、その仕事を引き受け見事やってのけます。CIAからも高評価をもらう。

 

その後新しい仕事としてCIAはバリーに、パナマのマヌエル・ノリエガ将軍とCIAとの間で荷物を運ぶ仕事を依頼されます。

言われた通りバリーはその仕事をこなすが、ある日メデジン・カルテルのパブロ・エスコバルらに麻薬の密輸をしないか。と持ち掛けられる。

彼は渋々受け入れ、麻薬をマイアミに運ぶ仕事も同時にやることになった。

しかしすぐにコロンビアで捕まり、拘留されてしまう。何とかCIAの力を借りて釈放されるが、家に警察が来るのは止められないという。

仕方ないので早朝に妻子を叩き起こし、逃げるようにして引っ越し。

 

最初は嫌々やっていたバリーですが、麻薬の密輸を始めてから大金が手に入るようになりだんだんと軌道に乗ってきます。

また、訳の分からない唐突な引っ越しに、当初は激おこだった妻もお金に余裕ができ始めてからすっかりご機嫌です。

なんと飛行機の中で始めちゃうシーンも…

しかしそんな中、DEA(麻薬取締局)はバリーに目をつけ始める。

時を同じくしてCIAはバリーに、コントラ(ニカラグアの親米反政府ゲリラ)に対して、武器を輸送するように依頼する。

言われたとおりするが、コントラの人々は武器に興味を持ちません。戦う意志が特に無いようです。

そこにメデシン・カルテルが割り込んできて、結果銃は彼らに横流しすることに。

バリーは引き続き麻薬を運び、また稼いで稼ぎまくる。

 

続いてCIAは、バリーの飛行場を利用してニカラグアの反政府兵士を育てるから、兵士を運んで来いと言い出します。

しかし彼らは戦いたくないので、連れてきても脱走を重ねうまくいかず。

 

そんな中、妻の弟のJBなる人物が仕事を求めて転がり込んでくるのですが、バリーの余りあふれたお金を盗んで車を買ったりとやりたい放題します。

そんな大金を日々から持ち歩いて遊んでいると、ある日JBは捕まってしまう。お金とパスポートを与え遠くに行かせようとするバリーに対し、毎週お金を送れだの言いだします。

そんなJBが車に乗り込み逃げようとした途端、爆発が起こり彼は死亡。バリーは車ごと森の中に隠します。

 

さて、そんな間もお金は増え続け、ついに街の金庫を丸々一部屋借りても保存しきれないぐらいの量に。

飛行機で追いかけてくるDEAを逃れたりと目を付けられることも多くなり、流石にCIAのシェーファーも異変に気付きます。

シェーファーは彼と協力関係にあったという資料をすべて処分し、連絡先の電話も解約します。

急いで荷物を片付け逃げようとするバリー一行だが、DEA、ATF、州警察、FBIに一斉に踏み込まれ逮捕される。

ここ個人的にとても好きです。



いよいよ終わったかと思いきや、またもや釈放されるバリー。

今度はホワイトハウスに連行され、サンディニスタ政権が麻薬密売を行っている写真を撮ってきたら釈放すると司法取引を持ち掛けられ、バリーは引き受ける。

そうすることによって「サンディニスタ政権が麻薬密輸してる!潰せ!」と合法的に呼びかけることができますからね。

 

無事メデシン・カルテルが、サンディニスタ政権と麻薬をやり取りしている写真を収め帰国するバリー。

しかし、その画像はまさかのニュースで流され、しかもバリーもその関係者のように説明される。

 

そう。バリーははめられたのです。

 

しかもメデシン・カルテルの方には、バリーが写真を撮って流失させたことがバレて、そちらも激おこです。

 

バリーは家の現金や金品を全て没収された上、裁判にかけられます。

 

有罪判決を受けますが、社会奉仕を1000時間行えば許されることとなった。

しかしメデシン・カルテルから逃げ回り、モーテルを転々とする日々。

そしてついには見つけられて射殺されるのであった…。

~THE END~

総評

アメリカをはめた男。とサブタイトルにありましたが、いえこれは

アメリカにはめられた男。ですよね。

 

元はと言うと、すべては持ち掛けられた提案を渋々受け入れた結果始まったことだし…。

結末は結局はめられて終わっているし…。

まあ稼いだお金で豪遊していたのも事実ですが。

 

しかしまあ、こういうやって麻薬やらの密輸で稼ぐ人たちって、あっさり捕まって人生破滅してるイメージしかないですねぇ…。

そもそも捕まってるから、こうやって知ることができるんでしょうけど。

一時は大金持ちになれるけど、これが盛者必衰ってやつか。

 

そんな感じの今作、どうだったでしょうか?

トム・クルーズの違った一面を拝めて大満足でしょうか?( ^)o(^ )

 

それでは、今日はこのぐらいで~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)